パンフレットのデザインを依頼する前に確認しておきたいこと

HOME » デザイン依頼について » パンフレットのデザインを依頼する前に確認しておきたいこと

パンフレットのデザインを依頼する前に確認しておきたいこと

現在では、ホームページやシステムなどが一般的になっているので、チラシやパンフレットなどの印刷物はとりあえずのものといった感じがあります。
しかし、チラシや中綴じ冊子のパンフレットの役割も大きいもので、安易に制作を依頼してしまうとこのデザインでは他社に見劣ってしまうこともあるのです。
中綴じ冊子のパンフレットのデザインを依頼しようと考えるのなら、しっかりと制作会社を選ぶ必要があるので、どのような点を確認することが大切なのかを知っておくと参考になります。

目的や効果を考えると、デザインがオリジナルなのかテンプレートなのかを確認することは大切です。
テンプレートは予め決まったデザインに文章や写真などを、変更・追加して制作するもので比較的安く制作することができます。
ただデザインがある程度決まっているので、きれいだけれどどこか他社で見たことがあるデザインになってしまう可能性もあるのです。
一方オリジナルなら制作金額も高く納期も必要となりますが、伝えたい内容や会社のイメージにピッタリの制作ができます。

また、制作するデザイン案をいくつ提出してくるのかもチェックしておくべき項目ですし、写真撮影・修正は別途費用がいるかどうかも確認しておくことが大事です。
一案よりも複数案の場合は制作会社の金額も高くなりますが、選択できるというメリットがあると考えられます。
パンフレットのデザインを依頼する際には、安易に安いからという理由だけで判断するのではなくて、細かなところまで考えて判断することが大事です。
それから対応が早い制作会社なのかも大事なポイントで、対応が遅い制作会社の場合は担当者が無駄にストレスを抱えてしまいます。

完成したパンフレットが納品になると、増刷や別の依頼をしない限り制作会社と依頼者の関係は途切れてしまいます。
その為、実際に使用してみた感触を制作会社が知ることは少ないですし、会社によっては意識しないとこも少なくありません。
しかし制作会社によっては、効果的な部分なども含めてノウハウを持っているところもあって、そのような制作会社に依頼すると安心できるのです。
その為にも、制作実績数やノウハウなどを細かく確認することも必要となります。

それから、デザインの著作権が制作会社にある場合は、無断で変更したり配布したりすると問題になるのです。
ですから、後々トラブルにならないためにも、制作物の著作権についてはしっかりと確認する必要がありますし、費用が発生しますが譲渡してもらえるのかを確認しておくと良いでしょう。