パンフレットなどチラシ類に属するツールの違いとは?

HOME » デザイン依頼について » パンフレットなどチラシ類に属するツールの違いとは?

パンフレットなどチラシ類に属するツールの違いとは?

パンフレットやリーフレットを制作するためには、制作費などのコストが掛かりますし、デザインを考える時間も必要になるのです。
またしっかり伝えたい内容と目的、ターゲットを絞って効果の高いツール作成を依頼する必要があります。
どのようなシーンでどんな人に見てもらいたいのかなど、目的やターゲットにより何を記載するのか考えることが大事です。
それと共に適切な形状を選択する必要もあって、パンフレットとリーフレットは共にチラシ類に属するツールですが、活用するうえで使い分けが重要なポイントになります。

パンフレットとは、会社案内や製品・サービスの案内など、比較的情報量の多い場合に用いられるものですが、リーフレットとどのような違いがあるのでしょう。
パンフレットとリーフレットの大きな違いとは、それぞれに用いられる紙の枚数があります。
通常リーフレットは1枚の用紙で製作されて2つ折りや3つ折りにして配布されますが、パンフレットは1枚とは限らずに複数枚の紙を綴じることで制作されたものです。

このようにパンフレットとリーフレットでは、用いられる紙の枚数や面積が異なるので、それに盛り込める情報量も大きく違ってきます。
パンフレットはページ数を増やすことにより情報量を増やすことができますが、リーフレットは1枚なので全体に記載できる情報量は大きさを変えないと変わらないのです。
ですから、同じ製品紹介に利用する場合であっても、リーフレットなら1製品のみで、パンフレットなら製品全体といったように使い分けられることが多くあります。

では、チラシとは何を示すのかというと、1枚の紙で制作されている点はリーフレットと同じです。
しかし折り曲げることでページを作り情報を分けることが可能なリーフと違って、チラシは最大でも両面の2ページで、場合によっては片面印刷のみで用いられることもあります。
そのためチラシをデザインする際には、パンフレットやリーフレットと違った工夫が必要になるのです。

またカタログとはパンフレットと同様に複数ページで情報掲載できる点は同じですが、2つの大きな違いは使用目的が挙げられます。
パンフレットとは全体的な情報の概要を伝えるものであるのに対して、カタログはスペックやサイズなどの仕様をはじめ、価格など製品の細かな情報を説明しているのです。
パンフレットとはどのようなものなのかを知っておくと共に、他との違いを理解して適切な活用をしましょう。