FIC - 中綴じ冊子パンフレットのデザイン

中綴じ冊子のパンフレットのデザインを依頼するためには

▼ 目次

中綴じ冊子とは?

中綴じ冊子というのは、その名が示す通り紙を折って中央をホッチキスで綴じた冊子のことで、ホッチキス止めなのでページ数が多いものには向きません。
パンフレット・ブックレット・リーフレット・カタログ・フリーペーパーなど、ページ数の少ない書物に見られることが多いです。
ちなみに冊子とは、ホッチキスや糸で綴じた本・書物一般のことで、小型で薄い本を小冊子と言います。
ただ外来語のパンフレットやブックレットに置き換えて言い表されることも少なくないので、必ずしも判型が小さいものという解釈があてはまらないです。

中綴じ冊子の長所は、本文と別に表紙を付ける必要がないので価格が安い、ページ数が少ない冊子の大量生産に強いといったものがあります。
一方短所としては、ホッチキスで止めるのでページ数の多いものは作成には適さない、同じ長さの紙を束ねるので厚さによってはみ出す部分があるなどです。

それから中綴じ冊子以外に無線綴じ冊子というのがあって、これは特殊な糊を使用して本文の背の部分を表紙で包み込むように固定する製本方法になります。
中央に綴じ目が無いのが特徴で、カタログ通販の冊子・ファッション誌・電話帳などでよく見られる製本方法です。
無線綴じ冊子の長所は、ページ数に制限がないので何ページでも製本が可能、中綴じ冊子より頑丈で繰り返しの使用や長期保存が可能というのがあります。
短所としては、糊付けしてあるので根本まで開くことができない、見開きの絵や写真がある書籍には適さないなどです。

パンフレットとはどのようなもの?

パンフレットとは、無線綴じ製本されていなくて中綴じ製法による仮とじ状態の冊子のことを指します。
複数枚で構成されていて文字情報はもちろんのこと、写真・イラスト・図などが盛り込まれていて、広告と違って長く読まれることを前提に制作されるのです。
主な利用方法としては、企業の会社案内、製品・サービス紹介、大学や専門学校などの学校案内などで、様々なデザインのパンフレットがあります。
パンフレットはある程度ボリュームのある情報を掲載する際に用いられることが多くて、事業紹介・製品・サービス説明・お客さまの声など、多くの情報を1つのパンフレットに盛り込むケースもあるのです。

一方でリーフレットというのもありますが、これは1枚刷で印刷された用紙を、2つ折りや3つ折りにして使用するもので、簡易的なパンフレットとして見かけることも多くあります。
1枚の用紙に情報を盛り込むので限定されるために多くの情報を掲載できませんが、2つ折りや3つ折りにすることにより、各面がページ代わりになって内容・項目を分けるデザインにすることが可能です。
リーフレットは情報量を多くしてしまうと、十分な内容を伝えきれなくなってしまいます。
1つのものについて記載するとよいでしょう。
その為、デザインによって様々な利用方法が考えられるツールと言えるのです。

中綴じ冊子パンフレット 制作 について

パンフレットのデザイン料金は?

会社案内や新商品の紹介などパンフレットを作る機会は多いでしょうが、自分で制作するのではなくて、パンフレット制作をしている専門家に任せることが多いです。
パンフレットのデザインを依頼する際には制作料金が安いのか高いのか、どうような費用が掛かるのかなど疑問になる点も少なくありません。

パンフレットのデザイン料金の内訳として考えられる内容は、説明文・キャッチコピー・写真・図表・レイアウトなど盛りだくさんです。
その為、どこからどこまでを依頼するのかによって、パンフレットのデザイン料金も大きく違ってきます。
また料金を決める要素としては、出来上がりサイズやページ数、依頼先に印刷までお願いするのなら部数なども関係してくるのです。

デザイン会社やフリーランスのデザイナーに依頼した時の相場は?
パンフレットのデザインを依頼する場合に、全部お任せという例は現実的ではないことで、どのような内容を入れたパンフレットにしたいのかなどは依頼主で用意することでしょう。
それ以降のデザインに関わる部分の平均的な相場料金としては、表紙デサインで約50,000〜60,000円程度で、中面デザインは15,000〜35,000円程度です。
その他、イラスト・文章・写真撮影などをはじめ、企画・構成料や校正料が必要になって、A4・8ページのパンフレットで約300,000〜400,000円程度が相場と言えます。

これはデザイン会社に依頼した時の相場ですが、実はフリーランスのデザイナーに依頼した場合も料金はほとんど変わらないのです。
ただ決まったテンプレートに対応しているデザイン会社よりも自由度が高くなる可能性があるので、個性的なパンフレットを目指している場合には選択肢のひとつになります。
しかし、デザインに特化している専門職の人が多いので、写真撮影やコピーライティングを別の人に頼む必要もあるので、その点については注意が必要です。